サブタイトル

JCTは、東京近辺で活動しているコーラスグループです。シンガポール駐在中に歌ったのが縁で、日本に帰国してからも歌い続けています。

2017年6月25日日曜日

梅雨本番


今日の練習は雨模様となりました。九州南部では記録的な降水になっているのに比べると、関東はまだまだオシメリ程度。朝降っていた雨も、練習が終わる頃にはほぼ上がっていました。


家庭菜園で野菜や実のなる木を育てられている関口先生から、今年できたスモモをおすそ分けしていただきました。団員に2つずつ配られたので、よほどたくさん成ったのでしょう。皮は酸っぱいけれど果肉は甘くてジューシーな美味しいスモモでした。


さて、練習会場の近くに「ひぐらし坂」という道があります。江戸時代からの由緒ある坂道... ではなく、平成になってから地元住民からの提案で名前が付けられた道だそうです。

この坂道を登って行くと、道灌山とよばれる小高い丘に出ます。上の写真に写っている突き当たりを左に曲がると坂が急になり、その上が道潅山。太田道灌がここに砦を築いたことから、その名がつけられたそうです。太田道灌といえば江戸城を築いた人、と覚えていましたが、道潅は室町時代の人なんですね。家康が入る100年も前に初代江戸城が建てられていたとは知りませんでした。

道潅は築城の名手だそうですが、この砦とした道潅山の場所を見てみましょう。国土地理院の地図を拝借しました。アナグリフという手法で高低差を判りやすくすることができます。ブラタモリでもお馴染ですね。



道灌山は、台地の北縁のところにあたります。断崖の高いところに砦を構えて、荒川流域の低地を見下ろしていた、と考えると、築城の名手と言われることの合点が行きます。ブラタモリの名古屋の回で、名古屋城が同じような場所に建てられていましたからね。


...なんてこと書いてみましたが、実は私、まだこの坂道を登ったことはありません。今度晴れた日の練習があれば、登ってみましょうかね。
(ベース kake)

2017年6月18日日曜日

練習前の準備体操

梅雨に入って雨は少ないものの曇り空が続いてきましたが、6月17日の練習は晴れて暑くなりました。練習会場へは善福寺川沿いの道を歩いて駅から5分ほど。川の中も水草が茂り、夏の様相を呈しています。


練習会場のある浴風園は、これが駅至近とは思えないほど鬱蒼とした林の中にあります。それもいろいろな種類の木で構成されていて、この時期は枇杷が実りを迎えていました。オレンジ色の実は、ひとつひとつは大粒ではありませんが、鈴なりにいっぱいぶら下がっています。ちょうど管理人さんが実を採ろうと高枝鋏を伸ばしておられました。しかし、よほど枝がしっかりしているのでしょう。鋏ではとても切れそうにありませんでした。


さて、シンガポール日本協会総会でのミニコンサートが終わり、年末のファミリーコンサートに向けた練習に入ります。

ちょっと遅れて会場に入ったら、練習前の準備体操が始まっていました。いつもは首を回したり、腕・肩を上げ下げといった上半身を緩める体操をするのですが、今日はなにやら伴奏が聞こえてきます。



そのメロディを聞けば誰もが勝手に動き出す、これぞ日本最大のヒット曲!



「ラジオ体操第一」


をやっていました。そしてその伴奏の音が妙にリアルなのです。AMラジオから聞こえるくぐもった音ではなく、まるでその場で弾いてるような....



と思ったら伴奏の藤田先生が即興で弾かれていたのでした。
(ベース kake)

2017年6月4日日曜日

ミニコンサート


6月3日に、今年2番目の行事をやりました。「日本シンガポール協会」の年次総会が開かれ、私たちはその会場で時間を貰ってミニコンサートをやったのです。










めったに降りることのない参宮橋駅ですが、旧財閥系企業の社交施設がいまもいくつか点在しています。昭和を感じさせるどっしりした建物の中には、レストランやバーを備えた会議場があるんですね。




さて、JCTは日本シンガポール協会所属のコーラス部ですので、聞いて下さるのはコーラス部の活動をご理解下さってる方々ばかり。総会の会議・講演会を終えた皆さんの前で2曲演奏しました。まだ練習途中の曲もありましたが、好評だったようで良かったです。




もっとも、懇親会のお酒や料理を目の前に並べられて、おあずけ状態でのミニコンサート
ですから、どんな音でも”おいしかった”...... のかもしれませんが。
(ベース kake)

2017年3月5日日曜日

春の合唱コンサート


 今年最初のイベントは、ここ数年この時期にお邪魔している蓮田オークプラザでのコンサート。蓮田オークプラザは、JR宇都宮線蓮田駅の目の前にある老人ホームです。温泉が湧いているそうで、一般の人でも玄関前の足湯に入ることができます。この日は3月とは思えないくらいの暖かさでしたが、寒ければちょっと足湯だけでも浸かっていきたいところでしょうね。

足湯は午後からです


いつもは「ひな祭りコンサート」と銘打っているのですが、今年は4日になってしまいました。それで今回は「春の合唱コンサート」。耳なじみのある曲を歌ったあと、入居者の皆さんと童謡・唱歌を歌うプログラムです。伴奏の藤田先生による、ピアノソロ演奏も入れました。




”みんなで歌いましょう”のコーナーでは、客席の中にメンバーががはいっていき、団員手作りの小物入れをお一人ずつにプレゼントしながら一緒に歌いました。


なかなか声が出せない方もおられましたが、何曲かやっているうちにご自身も歌いたくなられたのでしょう。だんだん音になってきたようでした。
(ベース kake)



2016年11月15日火曜日

ベートーヴェンも 友だちさ

今回取り組んできた中で私が気に入っているのは「きみ歌えよ」という曲です。ひらがなで書かれた”きみ”に語りかける詩は谷川俊太郎のもの。これを何度も呼びかけるようなリフレイン形式にしたのは、信長貴富の作曲・アレンジです。カフェで流れるポップスのような明るいメロディなので、歌っていて気持ちよくなる1曲です。



ですが、語りかけている”きみ”は、何かを抱えてちょっとふさぎこんでいるようです。楽しそうなメロディで、 一人っきりになっている"きみ"に新しい世界が見えるよう、背中をさすってあげているのでしょう。『ベートーヴェンも 友だちさ』という歌詞は、自分ひとりだけのように思えてもきっと友だちができるよ、と言っているのでしょう。


今年も子供を巻き込んだ悲しいニュースをいくつも目にしました。私には何もできませんが、ちょっと見渡せば別の世界があるよ、ということを伝えられたらと思います。



そうそう、私たちのジョイントコンサートはシンガポールでの開催です。飛行機で7時間の別世界に出かけるために、これから荷造りしなくては。
(ベース kake)

2016年11月12日土曜日

本番前最後の練習


本番を来週に控え、最後の練習を実施しました。仕上げの練習は、音楽ホール型の研修ルームがある台場区民センターで行いました。ステージに並んで、本番と同じように通しで歌う”ゲネプロ”です。客席が空っぽなのも味気ないので、普段お世話になっている方にも声掛けして、日本での最後の演奏を聴いていただきました。

ジョイントコンサートでは、シンガポール在住の男声・女声コーラス、そして日本語を学ぶ星日文化協会のコーラスグループと合同でステージに乗ります。JCTのメンバーの中にも、普段はマレーシアにお住まいで向こうで独自練習を重ねているかたも居ます。本番さながらのゲネプロといいながら、ぶっつけ本番の要素をかなり残した状態での仕上げとなりました。

まぁ、”本番に強い”と自負しているJCTなので、来週は楽しく歌っていることでしょう。

会場を出たら、すっかり夕暮れ空になっていました。




メンバーのなかには、週の半ばからシンガポール入りする方もいます。みなさん久しぶりの渡星を楽しみにしているようです。
 (ベース kake)

2016年10月24日月曜日

本番までの追い込み

いよいよ本番まで1ヶ月を切りました。JCTステージは暗譜で乗るぞ、という当初の決意に変わりはなく練習を続けています。

先週の練習では、1回目は譜面を見てもいいけれど、という但し書きをつけてましたが、2回目は団員全員、本当に譜面を閉じて通しで歌いました。ちょっと普段使わないような文語的な歌詞も出てくるので、日本語なのに覚えるのは容易ではありません。歌詞に描かれた情景を思い浮かべ、1番、2番... の歌詞が入れ替わらないようにストーリーをつけて覚えています。それでも、いざ声に出すと覚えたことがどこへやら。アタマが真っ白になってしまうのです。そういう箇所にかぎって、同じパートの皆さん真っ白になっているのでしょう。出だしの声がスポっと抜けてしまうのです。本番でこういうことにならないよう、しっかり定着させなくてはなりません。



 関口先生から配られたのは、穴埋めの歌詞カード。やはり学校の先生ですね。だいぶ前に配られてていたのに、不良学生(?)の私は今頃取り出して来た次第。いや、私なぞ試験に向けて最後の1週間に勝負をかけて乗り越えてきたクセがいまだに抜けないのです。

 そして、会社に向かう通勤電車で見ているのは、こちら。

ちょっと下ごしらえが必要ですが、曲の進行に合わせて歌詞がスクロールして行くように設定できるのです。ウォークマンならではの機能です。

これで歌詞をアタマに叩き込むんだ!

(ベース;kake)